>  > 17インチエスティマ30、40系AXEL  アクセル フォー ブラックポリッシュ 7.0Jx17トランパス mpZ 215/55R17
BC Racing BR Coilover Kit RS-TYPE インフィニティ EX35 J50 AWD 2007- 品番:V-13-RS BCレーシング コイルオーバーキット 車高調

17インチエスティマ30、40系AXEL  アクセル フォー ブラックポリッシュ 7.0Jx17トランパス mpZ 215/55R17

NGK レーシング プラグ 品番 R2525-9 4735 ネジ型 x4本セット エヌジーケー 日本特殊陶業 送料無料 コンビニ受取11417円★4X-2217

見出し
オフィス移転マニュアル
特集記事

17インチエスティマ30、40系AXEL ワイルドステッチDX アクセル フォー ブラックポリッシュ 7.0Jx17トランパス mpZ 215/55R17 VT

~オフィスを経営の力に~

17インチエスティマ30、40系AXEL mpZ 7.0Jx17トランパス 215/55R17 215/55R17 17インチエスティマ30、40系AXEL フォー アクセル ブラックポリッシュ

2011年3月取材

※記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

偶発的なコミュニケーションでワークスタイルが大きく変わった。

プロジェクト担当

株式会社ネクスト
田中 信智氏

管理本部
業務統括部長

株式会社清和ビジネス
吉田 直司氏

LOA システム研究所
デザイングループ課長

株式会社清和ビジネス
佐藤 博和氏

LOA システム研究所
デザイングループ部長代理

株式会社清和ビジネス
川﨑 茂樹氏

営業課リーダー

プロジェクト概要

1997年3月に設立された株式会社ネクストは、日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S(ホームズ)」を企画・運営している。そのほかの運営サイトとして、地域コミュニティサイト「Lococom」や暮らしとお金のポータルサイト「MONEYMO(マネモ)」、アトピー有症者向けケータイサイト「eQOL(イコール)スキンケア」を企画・運営するなど、設立当時の予想を上回るペースで事業を拡大。スタート時は2名だった従業員も、今では500名超になるなど、今もっとも勢いのある企業の一つといえる。

今回の移転では、“顔と顔を合わせるコミュニケーションづくり”をコンセプトに、大胆なオフィスデザインを実施した。

はやわかりメモ

  1. 分散されたオフィスから社内全体を見回せるオフィスを求めて
    以前は分散されたオフィスだった。手狭になったことはあるが、今回の移転プロジェクトの大きな目的はコミュニケーション不足の解消 4525516295161 DID 大同工業 チェーン 520ERV3 レース用 ERシリーズ ゴールド (102L) カシメ DID 520ERV3-102L ZJ(カシメ) GOLD JP店。オフィスのさらなる進化を求めて、いくつかの条件・要望を出し合い立地面を検討、そしてオフィスビルの選定へ。
  2. 新オフィスの基本コンセプトづくりは、現在のオフィスの課題から
    コンセプトを確定させないとデザインに反映できない。コンセプトの立案には、まずは現オフィスの課題は何なのか、将来に向けてやりたいことは何なのかを明確にすることが重要。
  3. キーワードは回遊性、可視化、社員同士の動線、コミュニケーション…
    大まかなコンセプトを確定させたら、そこからキーワードに落とし込んでいく。キーワードを実現するために具体的なアイデアが生まれる。
  4. 従業員の働きやすさを追及して一つ一つの什器を開発
    大事なことは従業員の視点に立ったこだわり。ここで時間をかけることが結果的に従業員の満足度につながる KENDA ケンダ KAISER KR20 限定 サマータイヤ 215/45R17 RAYS GRAM LIGHTS 57FXX 17 X 7 +42 5穴 114.3。
  5. オフィスが変わる。そしてワークスタイルが変わる
    オフィス戦略は単なるオフィスレイアウトではない。ワークスタイルまで改革するつもりで取り組む。

    分散されたオフィスから社内全体を見回せるオフィスを求めて。

    1997年に横浜で設立後、急激な事業拡大とそれに伴う人員増で渋谷(渋谷区)、新川(中央区)、晴海(中央区)と移転を行ってきた株式会社ネクスト。次の企業沿革を見るとネクストの急成長ぶりがよくわかる。

    1997年 3月

    横浜市にて株式会社ネクスト設立

    1997年 4月

    住宅・不動産情報ポータルサイト  「HOME’S(ホームズ)」を開始

    1999年 12月

    業務拡張のため本社を東京都渋谷区に移転

    2001年 7月

    業務拡張のため本社を中央区新川に移転

    2002年 1月

    楽天株式会社との業務提携により資本金を増資

    2003年 10月

    「HOME’S(ホームズ)」の掲載物件数が 100万件を突破

    2005年 4月

    大阪支店開設

    2006年 2月

    業務拡張のため本社を中央区晴海に移転

    2006年 10月

    東京証券取引所市場マザーズ市場へ株式上場

    2007年 9月

    福岡支店開設

    2008年 6月

    名古屋営業所開設

    2009年 2月

    「HOME’S(ホームズ)」の加盟店が 10,000店舗を突破

    2009年 12月

    沖縄営業所開設

    2010年3月

    東京証券取引所市場第一部へ市場変更

    2011年1月

    業務拡張のため本社を港区港南に移転

    移転プロジェクトは、今から3年前に始まる。当時入居していたオフィスビルが急激な増員により手狭になってしまったためだ。そこで、管理本部業務統括部長(当時)の田中信智氏をリーダーとして総務グループと合同のプロジェクト体制がつくられた。最初は現状の課題を出し合い、それらを一つ一つ整理していくといった作業をすることになる。まずは立地をどこにすべきかの議論があったという。

    「立地としては、今後のグローバル化に対応できる環境として空港までのアクセスの便が比較的に良いエリアであること。それに加えて近年開設された大阪支店や名古屋営業所などのメンバーとの集まりが多くなってきたため、新幹線の停車駅にも近い場所であること。この2つの条件がクリアできる場所を探していました」(株式会社ネクスト 田中信智氏)

    立地について要望をまとめると、次はビルのスペックについての議論となる。

    「今まで入居していたオフィスは敷地こそ同じでしたが、営業部門と管理部門ではビルの棟が分かれていたためお互いを行き来する無駄な時間が生じていました 。そのほか、用件があっても顔を合わせずに、つい電話やメールに頼ってしまう。そのために起こるコミュニケーション不足の問題が出始めていたのです。次回の移転では、代表の井上も重要視している“会社を見渡せることのできる”ビルを探そうと思っていました。加えて、端から端までの見晴らしを良くするためにもオフィス内に柱が無いのが理想でしたね」(田中氏)

    今回の移転プロジェクトは次の条件でオフィスを探すことになった。

    1. 1.羽田空港までのアクセスが良い
    2. 2.新幹線の停車駅に近い
    3. 3.ワンフロア面積が広い
    4. 4.フロア内に柱が無い
    5. 5.数年後に入居できる

      通常、これらの「立地」「ビルスペック」「入居時期」と、いくつもの条件を全てかなえるオフィスを探すのは困難なことである。

      「正直、どこかの部分で妥協しなくてはいけないのかとも思っていましたが、長年お付き合いのある三幸エステートさんに相談したところ、品川に大きなビルが竣工する情報をいち早くいただいたのです。しかも駅からも近いときている。半ばあきらめていただけに、まさに奇跡だと思いました」(田中氏)

      立地、面積と条件が当てはまり、さらにこれから建築するビルであったために設計の段階で細かい指示や要望を出すことも可能になると思い、即座に交渉に入ったという。

      ネクストが本社移転に選んだ品川駅港南口。

      多くのお客様を迎える3階の受付スペース。

      パブリックエリア中央に設けられたスタンドカウンター。

      透明感あるガラス張りの接客ブース。

      新オフィスの基本コンセプトづくりは現在のオフィスの課題から

      「今までのオフィスは、急激な増員もあり気軽に打ち合わせをするスペースがありませんでした。しかも備えられたミーティングルームはフォーマル用のため、事前予約が必要で、突発的に生まれた簡易的な打ち合わせには対応できませんでした。そのために、スピードの鈍化やアイデアの機会損失が発生しているのではないかと危惧していました」(田中)

      そんな従業員からの不満を解決するため、“社員同士が顔を合わせやすい仕組み”を基本コンセプトとした。そして何とかして今まで不足していたインフォーマルコミュニケーションを活発化させる良いチャンスにしようと思いを強くしたという。

      基本コンセプトを確定させると、次の段階はデザイン会社の選定となる。今回は大規模なプロジェクトということもあって、5社でデザインコンペを行った。各社ともに見事なデザイン案の提案ではあったが、最終的にパートナーに選ばれたのは、株式会社清和ビジネスだった エヌマ 520SRX2-GP/GP GOLD&GOLD 102L SLJ QXリング SLJ(スクリュータイプ) (品番 520SRX2-GP/GP-102SLJ)。清和ビジネスは、昭和37年の創業以来、全国でオフィスデザインを展開している会社で、今までも数々の優良会社のオフィスデザインを担当してきた実績を持つ。

      「以前のオフィスでもデザインを担当させていただいたことがあり、何を求めていて、何が課題なのかはわかっていたつもりです」(株式会社清和ビジネス 佐藤博和氏)

      「新オフィスをデザインするにあたり、まずは時間をかけて組織構造、増員計画、経営課題などをヒアリングすることから始めました。今後のオフィス戦略を考える上で、次の事業展開を聞くことは必須だと考えたのです」(株式会社清和ビジネス 吉田直司氏)

      「ネクストという社名は、よりよい次(NEXT)を生み出し、現状に満足することなく発想を広げていきたい、という想いが込められていると聞いていました Bellezza ベレッツァ シートカバー ワイルドステッチDX ピクシススペースカスタム L575A/L585A H23/9~H25/7 ブラウン×ブラウン。会社の想いやプロジェクトメンバーからの課題・要望をもとにデザインを考えたときに、“自由な発想を広げる”ためには社員同士が触れ合う仕組み、動線の確保がポイントになると思いました。そして次のデザインコンセプトに到達したのです」(株式会社清和ビジネス 川﨑茂樹氏)

      それではデザインコンセプト(要約)を紹介しよう。

      ワークスタイル(活動・意識)

      1. ホスピタリティ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-67314